昭和54年創設  校訓「かがやく笑顔」で 児童・生徒の成長を見守ります。

校長あいさつ・教育方針

校長あいさつ

 本校は、昭和54年の「養護学校義務制」により、知的障害を対象とした養護学校として大月市富浜町宮谷に開校し、本年度で40年目を迎えます。平成8年度には特別支援学校の適正配置により、富士河口湖町に知的障害と肢体不自由を対象としたふじざくら支援学校が開校し、通学区域が縮小されました。併せて重複障害学級棟(わかくさ棟)を改修整備し、知的障害以外の障害を併せ持つ児童生徒の教育環境を整えてまいりました。
 平成19年度には、特別支援教育の開始に伴い「やまびこ支援学校」に校名変更し、20年度からは、知的障害と肢体不自由を対象とした特別支援学校へと移行いたしました。
 このような経過を経ながら、現在の傾斜地に立地した校舎の老朽化の課題を解消するため、令和2年1月に大月市猿橋町桂台に現在建設中の新校舎へと移転を予定しております。
 私ども教職員一同、校訓「かがやく笑顔」のもと、児童生徒ひとりひとりの発達段階に応じた教育実践を更に充実していくとともに、地域の方々に開かれた学校づくりを目指してまいります。
 今後とも本校の教育につきまして、御理解と御支援をお願いいたします。

平成31年4月1日

山梨県立やまびこ支援学校 校長 小林 勝

教育方針

教育方針

PAGETOP
Copyright © 山梨県立やまびこ支援学校 All Rights Reserved.
error: Content is protected !!